So-net無料ブログ作成
検索選択
www.gaitame-popular.com
現在アクセスが多い記事は・・・
1.とろける新感覚のオールインワンクレンジング
2.洗顔の極意

前回に引き続いて洗顔の極意 [スキンケア]

今回も前回に引き続いて皮膚科医の吉木伸子先生が提唱される「美肌作りの基本」

今回は『洗顔の極意』です。

洗顔は最近の洗顔料は泡立ちが良いので、あまりに大きくぷくぷく泡立てる必要はないそうです。
手のひらをくぼませて片方の手の指を使って泡立てます。

重要なのは顔に泡をのせる順番です。

◎Tゾーンからのせます。
 皮脂をしっかり落とすために、皮脂の多いTゾーン部分からのせていきましょう。

よく泡だった泡は、肌にのせるだけで汚れを落とす効果があります。
ごしごしこする必要がありません。

◎次に頬からあごのUゾーンにのせて泡をなじませます。
 泡をクッションにして指の腹全体で包み込むようにして洗います。

◎次に、小鼻の周りです。
 指の腹を軽く上下させて皮脂汚れを取り除きます。

◎皮膚の薄い口元は優しく泡をなじませます。
 決してこすらないでくださいね。

◎最後に特に優しく洗いたい目元に載せます。
 影絵を作るときのきつね指の指づかいです。
 中指と薬指の指先を使い卵を扱うようなイメージで優しく洗います。

◎すすぎはぬるま湯を何度も顔にかけて素早く丁寧に洗います。
 このとき、顔をこするのではなく、お湯を顔にかけます。
 注意!髪の生え際にすすぎ残しがないように

◎すすぎ終わりの目安は指がキュッと鳴るような感覚です。
 洗い終わったらタオルで優しく水分をとりますが、このときもこするのではなくタオルを軽く顔に当てるだけです。

●吉木先生談
冷水で洗うと毛穴が引き締まってよいと思う人が多いが冷水で毛穴は小さくならない
やりすぎると赤ら顔の原因になることもあります。
その理由は、急な温度変化で毛穴が開いて毛細血管が浮いてきてしまうから。

以上です。

吉木先生は洗顔はぬるま湯でとのことですが、私は朝は冷水ほどではない水で洗います。
夜はぬるま湯で洗います。
これは人それぞれ自分の肌に合わせたらいいんじゃないかと思います。

現在使用中の石鹸はよか石鹸です。
近々感想を書こうかと思います。夏に向けてサッパリするので肌にあってる気がします。
霧島火山岩 深層水
nice!(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

プレミアアンチエイジング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。