So-net無料ブログ作成
検索選択
www.gaitame-popular.com
現在アクセスが多い記事は・・・
1.とろける新感覚のオールインワンクレンジング
2.洗顔の極意

乾燥肌は脂分ではなく水分が少なくなった肌のこと [スキンケア]

どういう肌を乾燥肌というのでしょうか。
科学的にこれが乾燥肌だという定義はあるのでしょうか。
実はちゃんとした定義があるんです。

普通肌の人では肌の質層に30%ほど水分が含まれていますが、30%以下になったら乾燥肌といわれます。

水分が30%以下になると、自分でもなんだかカサカサしてきたなーと感じられます。
人間にはもともと保湿成分がありますが、それが少なくなると肌が乾燥してきます。

保湿成分が減少する一番の原因は加齢によるものです。
保湿成分として一番重要な「セラミド」は、角質細胞の間を埋めるもので、細胞と細胞をつなぎ合わせています。

セラミドは脂質の一種で、この脂質が肌の水分が蒸発しないように守るパリアの役割をしています。
セラミドがなくなると内側から水分が蒸発する上に、外気からの刺激を皮膚はまともに受けてしまいます。

ところがセラミドは年齢と共に減ってくるのです。
保湿成分がうまく働かなくなると、角質層の水分量が低下し、肌が乾燥してきます。

乾燥すると肌がごわごわになり、シワもできやすくなります。

冬はとくに外気も乾燥してきますから、これからの季節はセラミドが含まれた化粧水美容液でエイジングケアすることがとても大事です。

110年の歴史をもつ食品素材メーカー「日本製粉」が厳しい監視態勢で作り上げた「セラクレア」は、天然由来のセラミドを保湿剤として含有することに成功しました。
食品の会社が作るコスメは安心です!



関連記事
  • セラミドの力 ためしてガッテン

  • 素肌力劇的アップ秘技 シミ消し・洗顔


  • nice!(0) 

    nice! 0

    プレミアアンチエイジング

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。