So-net無料ブログ作成
www.gaitame-popular.com
現在アクセスが多い記事は・・・
1.とろける新感覚のオールインワンクレンジング
2.洗顔の極意

あなたは自分の肌質(肌のタイプ)を知ってますか [スキンケア]

あなたは自分の肌タイプを知ってますか

肌のタイプには大きくわけて

 乾燥肌
 普通肌
 脂性肌
 混合肌
の4つに分けられます。

いつもかさつき加減で荒れやすい肌を乾燥肌といいます。
皮脂量と水分量がちょうどよくて、かさつきがなく、脂ぎっていない肌を普通肌といいます。
普通肌の人が一番トラブルがないように思われますが、季節や置かれた環境によっては、乾燥したり皮脂の量が増えたり変化することがありますから、そのときに応じてケアする必要があります。
皮脂量が多い肌を脂性肌といって、ニキビなどができやすい特徴があります。
混合肌の人は、部位によって乾燥するところや脂分の多いところがあります。

このように肌質にも特徴がありますから、自分の肌質を知ってそれに応じてスキンケアをすることが重要です。

自分の肌質が分からない場合、肌の状態をチェックしてみましょう。

◆チェック方法
洗顔をして、すぐに化粧水などをつけないでしばらく(15分ぐらい)待ちます。
それから自分の肌をさわってみて、顔全体がかさついていたら乾燥肌です。少してかっていたら脂性肌です。かさついたところとてかったところがあれば混合肌、かさつきもなくてかったところもなければ普通肌です。

乾燥肌の人は、皮脂量、水分量共に少なく、そのために小じわができやすいですから、保湿ケアをして、脂分を補う乳液や美容液を使いましょう。

脂性の肌の人は、皮脂の分泌が多くてニキビや吹き出物ができやすいので、余分な脂分を落とすために、洗顔や日頃の食事に気をつけることが重要です。

環境によって、例えば冷房の強い部屋では乾燥しやすいですし、これから冬に向かって室内が乾燥してきますと、どんな肌質の肌であっても乾燥しやすくなりますから、保湿することは常に重要です。

肌に水分を補うには、化粧水をしっかりと入れ込むことです。
入れ込むとは、手の指を使って顔を軽くプッシュしながら化粧水を馴染ませることです。

◆その方法
1.手のくぼみに化粧水を500円玉ぐらい落として、それを両手で温めて、顔に押すようにして馴染ませます。
2.手のくぼみに化粧水を100円玉ぐらい落として、それを両手で温めて、目の周り、口の周りに押し込むようにして馴染ませます。

3.手のくぼみに化粧水を100円玉ぐらい落として、それを両手で温めて、気になる小じわや毛穴の部分に指でつけていきます。

重要なことは、3回とも化粧水を温めてつけること、決して顔をなでないこと、つまり指をすべらさないことです。

混合肌の人は、乾燥しやすい部位にはたっぷりと化粧水を入れ込むようにしましょう。

この間、わずか3分かからないと思いますが、この3分を続けることで、あなたの肌はいつまでも若々しさを保つことができます。

nice!(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

プレミアアンチエイジング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。